ノコニコの旅

2009年~の旅。2011年からボチボチ更新中。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰!ノコ!中国の旅

nocomap 246
nocomap 255
nocomap 256

だいぶ前に書きかけてほったらかしにしていた

「帰ってきた!ノコニコ!中国の旅!」を、

自分のブログに残してたのを今回新しく、独立させて、
ちゃんと続きを書こう(うろ覚え)
と言うページです。

もし、これから中国へ行ってみたいけど、飛行機は怖いと言う人には
オススメのビザ無し15日間旅行。
(福岡の北、下関からフェリーで青島、電車で北京、天津、など陸を移動。)


帰!ノコ!中国の旅~200X年X月21日~15日間の記録です。(うろ覚え)中国の正月辺りです。


以前、能古島に少し住んでいた家族と仲良くなり、その家族が上海に転勤となった。その、お世話になった家族に会いに行きたいと去年から旅を計画していたが、(上海タワーに登りたい!)結局都合が合わず、上海行きは取りやめに。

今まで外国にツアー的なやつ以外で行ったことがなかったし、人の話を聞いては兎に角外国に行きたいなぁ。と思っていたが、実はどこそこに行きたいではなく、滅多に会えないとおくの知り合いに会いに行きたいと言う目的が行く気になっていた事に気が付いた。ので、もう東京の友達でも会いに行くか。な感じに。

でもせっかくなので、中国と言えば「万里の長城」だろう。巨大建造物見たいなあ。
最初、飛行機で探していたけど、飛行機より時間の掛かる船の方が安いはず。と思って探すと、あった。

下関からチンタオ(青島)へのフェリーがある。上海フェリールートも考えていたけど、全然こっちが近い。(帰りのフェリーで、上海の近く、ソシュウ(蘇州)下関のフェリーもある事を教えてもらった。どちらも片道込みこみ2万円以下で行けます。あと、季節物でない往復22000円で青島のホテル一泊付きという破格のプランもあったらしい!もうやってないらしいです。)えー!残念。

中国はビザ無しで15日以内であればOK。15日以上であれば、事前にビザを取らないといけません。(フェリーの中で取れない。)中国でも基本的には取れないらしい。結局飛行機の方が若干高いだけで、早い。僕らは時間があるし、船旅の方が安いし楽しそうと言う事で、フェリー、ユートピア号で決定。下関にもタワーがあるし。(出発前に登りました。)

昔、高校の韓国釜山修学旅行の帰りでパスポートを出した時に、検査員に「シパタ?」と写真見ながら疑われて、とても緊張したことがある。っていうか今思えば、どこを疑ってるのか意味分からん。団体で学生服やし。今回もやはり緊張してしまった。チッ。(中国の旅初舌打ち。)

12時出発で、一時間前に受付終了ということで、博多(美野島)を朝に電車で出発。
(「もんじゃ焼き下町屋」のアサバさん家にはかなり寝泊りしてました。)
下関駅からすぐ近くにタワーもポートもあるので、歩いて移動。船が12時に出て、次の日の16時に到着なので、おやつとカップラーメンゲット。下関タワーいい感じ。

で、早速乗り込んで、寝床確保なんですが、僕らは一番安い「二等客室」なので、客室というか少し段上がりの絨毯が敷いてある一区画10人寝れば一杯という広間?で、船旅をしてる人は分かると思うけど、要するに、座敷に知らない人と雑魚寝状態のアレですよアレ。荷物を入れる棚があって、それで仕切られて、全部で30~40人ぐらいは入れそう。

一応毛布と、シーツと、枕が用意されてます。皆適当にそれぞれ陣取って、リラックスタイムします。
うちらの床はオヤジ一人、若い女の子二人とガラガラで、他も似たり寄ったり。で、すごくいいなと思ったのは、皆年齢問わず仲良く喋る。何話してるかは分からんけど、楽しそう。

いつの間にか出発。船の中を散歩。売店、フォワードサロン、テレビルーム、お風呂とトイレ、レストラン、卓球場、トレーニングルーム、カラオケ会場?が。個室の部屋もたくさんありました。テレビルームに本棚があって、日本語の本ばかり置いてました。基本すること無いので読み漁った。
日本の船にもあるけど、給湯所があって、皆、水筒やカップメンに使ってました。

夕方になると艦内放送があり、レストランが開きます。船員さんが限られている為か、レストランが開いてる時は売店が閉まります。
レストランは定食、うどん・そば、中華、おつまみ、レトルトカレーなど、社員食堂な感じ。うどんとかは、だしが薄い感じ。中華は大丈夫。で、青島ビールが大瓶200円の缶が100円!安い!うれしい!
(一泊する船旅なので、朝ごはんは付いてます。)

ほろ酔いで風呂にも入り、(船が傾いていると、湯面が傾く。当たり前だが変な感じ。なんか好き。)
部屋でだらだらしてたら、艦内放送で「カラオケの準備が出来ました、カラオケルームにお越し下さい。」皆ぞろぞろ行くので覗いて見ると、大勢の知らない人前で歌ってる!すごい。とても真似できないなぁ。でかいスクリーンに中国カラオケ映像が!オヤジも若者も熱唱。たまに
レミオロメン、コブクロ。あと、卓球してるオヤジ&家族。

船内は日本円で、受付で中国元にも換金出来きます。少し割高らしい。とりあえず、着いて向こうの一泊代さえあれば向こうの銀行で換金出来るので、手持ち全部する必要はありません。(コンセントは日本のやつです。でも陣取られてたりします。)

23時消灯。結構ずっと揺れてるので、酔うかなと思ったが、大丈夫だった。
nocomap 096
nocomap 092
nocomap 093
nocomap 094
nocomap 099
次の日とんでもない事態に!

ノコニコ軍団危機一髪!

果たして帰れるのか!

乞うご期待。


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

noconicocafe

Author:noconicocafe
福岡は能古島(のこのしま)博多湾の真ん中に浮かんでる、ひょうたんの形をした島。そこで、ノコニコカフェと言うお店をやってます。西区姪浜の渡船場から、おとなもこどももフェリーにのって10分の船旅。

カテゴリ
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。