ノコニコの旅

2009年~の旅。2011年からボチボチ更新中。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
03


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nocomap 190

nocomap 191

nocomap 193

nocomap 194

nocomap 195

nocomap 200

nocomap 197

nocomap 198

nocomap 199

スポンサーサイト

nocomap 180

nocomap 182

nocomap 181

nocomap 183

nocomap 188

nocomap 189

北京の定食屋

散々歩き回って結局
(天安門広場から宿まで歩いて帰った)
帰ってくるともうすっかり暗くなって
また花火がちらほらと。っていうか、炸裂する高さ低い!
危ないし、その階に住んでる人たまらんやろ~(笑)
nocomap 278
nocomap 279
晩ご飯は宿の側にあった定食屋さん的な場所が
近くにあって、気なっていたので早速入る。
いわゆる日本にもありそうな中国の人がやってる料理屋さん
な雰囲気に安心感を覚えた記憶。
nocomap 173
年明け雰囲気バリバリのテレビ見ながら
ビール飲んで料理を待つ。
歩き疲れててお腹も空いていたので
沢山食べたかったけど、沢山頼むと
一品の量が多そうな予感がして少なめに。
nocomap+155_convert_20120214164340.jpg
やっぱり一品の量が多い!想像どおり。
少なく頼んで良かった。
チャーハンは炒飯と言う漢字では無かった
頼むのに少し時間がかかってしまった。
青椒肉絲チンジャオロースー?
はそのままの漢字だったかな。
nocomap+176_convert_20120214153514.jpg
二人で三、四品で十分お腹いっぱいになります。
チャーハン、卵スープ、羽根付き餃子、青椒肉絲
食べきれないときは「ダーバオ」と言えば(お持ち帰りの意)
持って帰れました。良く餃子を持ち帰って朝ご飯にしてました。
味もすごく美味しくて、
中華料理の定番などはやっぱり本場だな~と
感心してしまいました。シチュエーションも最高。
nocomap 177
別の日、
酢豚も美味でした。
ここで働いてる小さな女の子がとっても可愛らしい!
(多分ここの娘さん)
中国っ娘って感じが良かった。
手前と奥と席が窓と腰壁で仕切られていたから
通い続けてると
手前が外だった事に気がつく。仕切り壁は昔外壁だったんだ。
建て増したのか~
nocomap+262_convert_20120214154541.jpg
宿の近くにあったチェーン店っぽいお粥屋さん
年明けも夜遅くまでやってました。
nocomap 179
あと、近くにコンビニもあったので、
出かける時、帰る前にとか寄ってお菓子など購入してた。
嫁さんは豆乳のホットをテイクアウトしてたな。
nocomap 196

北京天安門

北京地下鉄_convert_20110115165504
午後は地下鉄でアンティーク市から天安門広場へ移動。
相変わらず切符売場の使える自販機は、お札使えないので小銭は手放せなかった。
故障ばっかりで、沢山あるけど使える自販機は少ない(笑)

駅から広場の入り口まで結構歩く。と言うのも、
広場自体めちゃ広く、ぐるりと柵で囲まれてて簡単に入れなくなってる。
警備も厳しくお決まりの荷物検査も地下鉄に比べて適当ではない。
火気厳禁らしく、沢山のライターが没収されてた。
おばちゃんが入り口で荷物の中を見せながら入れさせろと言ってるけど
全く受け付けない警備員。身なりで判断されるのかな?
そう言えば来る途中、
地下道入り口にも警備員が立ってたなぁ。

中国の主要道路には横断歩道が少なく、その代わり地下道があって
宿の近くの地下道には(そこは警備員いない)必ずと言っていいほど物乞いのおじちゃんがいた。
風も無いし、居やすいのだろうか。
近くには観光客が団体で泊まりそうなホテルが沢山あったしなぁ。
天安門広場とか稼げそうやし。地下鉄の車両にも結構満員にも関わらず、
練り歩くおじちゃんもいて、当たり前顔の人も居るし、困ってる人も居た。
あと、
若い子が地下道で1人はギターを演奏してて、その少し離れた所で正座して1人で何か訴えているのを見た。
地面には何か書いた紙を置いていた。

若い子で紙に何か書いたのを地面に置いて一人で佇んでいる風景は
旅行中たびたび目にした。

nocomap+165_convert_20110115160739.jpg
天安門広場には何するでもない観光客と一緒にぼんやり。
風が良く吹いていて、大きな旗がバタバタと波のように。見てて気持ちよい。
前に中国の人(男の人やったかな?)が撮る時に遠くを見つめると聞いたのを思い出して
記念撮影を何枚か撮った。
朝とか広場で太極拳やってる人居たりするのかな?
nocomap+167_convert_20110115162611.jpg
nocomap+168_convert_20110115162806.jpg
nocomap+169_convert_20110115163010.jpg
帰りはそのまま帰るのは勿体無かったので、ひたすら近くを歩きまくる。
近くにデパートみたいなのが集まってる繁華街的な所を見つけブラブラしたけど、
欲しいものも無かった。
結構暗くなるまで歩き、特に何も無いデカイビルの区間とか本当に歩き通しで嫁の機嫌も悪くなって
しかも、自分の足が痛くなってきていた。(歩いて帰れそうなんて思わなければ良かった)
元々靴のかかとの部分が斜めに削れていたし、旅の早々にちょっとやばいかもな雰囲気に。
次の日に、
湿布的な物を買おうと思って、北京駅の近くの薬局でこれが良いとおばちゃんに
言われたスプレータイプを買う。レジの店員の女の子がカワイイと嫁が言っていた。
nocomap+170_convert_20110115163225.jpg

北京の骨董市

地下鉄で最寄の駅から、骨董市の場所まで結構歩いた。
途中、路駐の車が歩道に沢山乗り上げていた。三輪タクシーがチラホラ。
若者が3人で、定員2名だと思われるのに無理やり乗ってた(笑)
便利なんだろうか?「外国タクシー」=「ボッタクリ」のイメージがあるので
何か乗りずらい。
あと、三輪自転車が結構いた。普通に漕ぐタイプもあれば、エンジン付きもあった。
どれも荷台には沢山の荷物や家族?客?が乗ってた。
チェーンがダラーンとあんまり張らない理由があるのかな?
nocomap 163
あー!丑年だったんだ。正月ぽい!て事はこの日は2009年の1月25日だ。
出店は少し出ていて、店舗がある店は高そうなアンティークって感じ。
僕らは手が出せ無そう。軒先の溢れ出てる品々をウインドウショッピングする。
nocomap 153
さすがにこれは無いでしょ(笑)散らかしテイスト露店っていうか、散らかしてる・・・
物は大切にしないとって教わりましたが、これはこれで見やすいかな?あっつ、
よく見ると下に敷物しいてあるね。かなりはみだしてるけど。
ステージとオーディエンスの境界が無いような(笑)
結局のめりこんでしまい、マトリョーシカの本ゲット!
ほとんど洋書で日本語の本はありませんでした。
nocomap 148
骨董出店スペースとは別に
夜店的なおもちゃ屋とかゲームコーナーもありました。
そこで、靴の中敷が結構売ってて
(中国では当たり前的な雰囲気。)中でも刺繍が前面に施してあるやつが特に可愛くって
(トラディショナルな図案をカラフルな糸で作ってた)
中敷だから履いてる時は見えなくて、脱いだ時にチラッと見えるのが自分的にヒット!
即買い~でももっと買っとけば良かったなぁ。
nocomap 151
お正月っぽい何か演芸をやっていた。
nocomap 154
nocomap 157
nocomap 159
演奏も派手に竹馬の人と狛犬?と小僧さん?が踊る。物語があるのかもしれない。
終わった後竹馬の人が足を外していた。化粧も濃いし、サーカスの裏側を覗いてる気分。
nocomap 149
毛皮とか売ってたのかな?骨董的じゃなく実用的な買い物の雰囲気。
nocomap 160
自転車の荷台に棒と布で作られた土台が取り付けられてて、そこに飴団子串みたいなのが刺さってる。
売り漕いでいるのかな?
骨董市帰りにレストラン「ピザハット」で昼飯を食べ、
地下鉄最寄に天安門もあったのでその辺まで行った。
nocomap 161
nocomap+164_convert_20110113184601.jpg



プロフィール

Author:noconicocafe
福岡は能古島(のこのしま)博多湾の真ん中に浮かんでる、ひょうたんの形をした島。そこで、ノコニコカフェと言うお店をやってます。西区姪浜の渡船場から、おとなもこどももフェリーにのって10分の船旅。

カテゴリ
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。